スポーツインナー

スポーツインナーウェアの下に履く整体メンズパンツの効果とは?

sports_inner_underwear

スポーツインナーウィアで運動する時に、こんなお悩みありませんか?

  • スポーツインナーウェアの下にインナーパンツを履いたほうがいいのか?
  • スポーツインナーパンツにはどんな効果があるの?
  • スポーツインナーパンツの上手な選び方は?

スポーインナーウェアの中でもタイツやスパッツなど下半身のインナーの下に「下着を履いたほうがいいのか」は迷いどころです。

そこで今回は、メンズのスポーツインナーウェアの下に履く、スポーツインナーパンツにフォーカスして詳しくご紹介していきます。

スポーツインナーパンツの効果や選び方を知って運動習慣をより充実させましょう。

こちらの記事では、

  • スポーツ時に下にスポーツインナーパンツを履いた方がいい理由
  • スポーツインナーパンツの期待効果
  • 上手なスポーツインナーパンツの選び方

をご紹介します。

 

スポーツ時には下にスポーツインナーパンツを履こう

皆さんはスポーツをするとき、どんな格好をしていますか?

競技やレベル・目的によって、着用するウェアはちがうとは思いますが、どのスポーツをするときにも、「スポーツインナーウェア」の着用がおすすめです。

というのも、スポーツインナーウェアは、スポーツ中の身体をサポートし、身体への負担を軽減しながら、パフォーマンスを上げる効果があるからです。

マラソンを例に挙げると、スポーツインナーウェアを着用することでフォームを整え効率的に動くことができ、長時間走り続けたときの疲労感・心肺や筋肉への負担を軽減することができます。

スポーツインナーウェアは、運動中のサポート役なのです。

しかしスポーツインナーウェアだけでは、運動中に最大限のパフォーマンスを発揮するには不十分です。

なぜなら、スポーツインナーウェアだけだと、身体が冷えやすかったり、サポート力が不十分だったりするからです。

一方で、重ね着しすぎると動きにくくなるようなイメージもありますよね。

ところで、皆さんはスポーツインナーウェアの下に下着を履いていますか?

人によっては、スポーツインナーウェアの下には何も履かず、直履きする場合も。

そこで浮かんでくるのが、「スポーツインナーウェアの下に下着は履いたほうがいいのか?」という疑問です。

スポーツ用のインナーパンツを履く(意味)理由は

スポーツインナーウェアの種類としては、タイツ・スパッツ・タンクトップ・パンツなどがあります。

しかしこれだけでは終わりません。

そのスポーツインナーウェアのさらに下に履くスポーツインナーパンツ・アンダーウェアもあるのです。

スポーツインナーパンツ・アンダーウェアを履こうか、どうか迷いの方は是非この後を読んでください。

身体のサポート役ならスポーツインナーウェアだけで事足りそうですが、その下にスポーツインナーパンツを履く意味もあるのです。

理由は主に3つあります。

  • 摩擦による肌への刺激を軽減
  • 汗による不快感を軽減
  • 防寒・冷え対策

摩擦による肌への刺激を軽減する

運動中は、肌とスポーツインナーウェアの摩擦はどうしても避けられません。

ですので、一般の下着よりも運動用につくられたスポーツインナーパンツを着用することで、肌への負担を軽減することができます。

汗による不快感を軽減する

また、スポーツインナーウェアが速乾性に優れていても、下着がふつうのものでは、なかなか汗が乾きません。

肌に密着するものですから、下着も運動用につくられたものが好ましいところです。

汗をかいた後の冷え対策

そして、「スポーツインナーパンツを履いた方がいいいのか」という問いへの答えにもなるのは、「防寒」という観点。

汗をかいたままだと夏場でも下腹部や太ももが冷たくなっていることは少なくありません。

季節問わず、身体は冷えやすく、汗をかくと尚のことです。

冷えは、血液やリンパの流れを滞らせてしまいますし、それに伴って酸素が身体に行き渡りにくくなり、パフォーマンス低下につながりかねません。

ですので、冷え対策として、スポーツ時はスポーツインナーパンツを着用するのがおすすめです。

メンズスポーツインナーの下に履くパンツの特徴

メンズスポーツインナーパンツは、インナーウェアよりも肌への刺激が少なくなるようにつくられています。

例えばインナーパンツは、なるべく縫い目が肌に当たらないように設計されていたり、肌への刺激が少ない生地を採用していたり、防臭機能が備わっていたりします。

メンズスポーツインナーパンツは、スポーツ用につくられているので、吸水性速乾性に優れているのが、ふつうの下着との違いです。

 

メンズ用スポーツインナーパンツの効果

メンズ向けのスポーツインナーパンツには、主に3つの効果があります。

  1. 運動のパフォーマンス向上
  2. 身体保護
  3. 機能性

それぞれ具体的にどういった効果なのか、順に見ていきましょう。

スポーツインナーパンツのメリット効果①運動のパフォーマンス向上

運動中の身体のブレを軽減して動きをサポートするのが、スポーインナーパンツの効果のひとつです。

特に、疲れてくると体幹がぶれて、余計な筋肉を使わざるをえず動作の効率がわるくなってさらに疲れる、ということが往々にしてあります。

スポーツインナーパンツは、そんな身体の動作を支えてくれます。

身体を効率的に使えるようになると、身体への負担軽減体力温存にもなります。

例えば、スポーツインナーパンツを履くことでランニング中に足がスムーズに前に出るなどの効果が期待できます。

身体を効率的に動かせるかどうかで、ランニングが長時間になればなるほどその差が出てきます。

また、ゴルフでいうと、スポーツインナーパンツが体幹を支えてくれることでフォームが安定し、長時間のラウンドでも疲れにくくなることが期待できます。

スポーツインナーパンツのメリット効果②身体保護

身体を保護するのもスポーインナーパンツの効果のひとつです。

体幹を支え、正しく筋肉を使えるように動作をサポートすることで、腰やヒザへの負担を軽減することができます。

男性は、特に腰を痛めやすく、スポーツインナーパンツはそんな腰への負担軽減に一役買ってくれます。

述べたパフォーマンス向上にもつながりますが、筋肉へのダメージを軽減する効果も期待できます。

また、シーズンによっては寒さから身を守るのはもちろん、夏場でも汗冷えを防ぐことができます。

女性は、スポーツインナーショーツを着用することで冷え対策になります。

その他、スポーインナーウェアと肌の摩擦を軽減する役割も担っています。

スポーツインナーパンツのメリット効果③機能性

スポーツインナーパンツには機能性下着としての効果もあります。

加圧や速乾・発熱などの機能がそなわっているものが多く、ふつうの下着にはない機能が魅力のひとつです。

中でも多いのが、「加圧」(コンプレッション)の機能がそなわったスポーツ用インナーパンツ。

コンプレッションパンツは、運動後の筋肉の疲労回復を助けてくれます。

上下で着用すると身体をバランスよくサポートできます。

夏であれば、速乾・冷感・防臭などの機能を備えたスポーツインナーパンツがありますし、冬であれば、発熱・保温効果のそなわったものがあります。

ですので、季節によって使い分けるのがおすすめです。

 

メンズスポーツインナーパンツの選び方のポイント

スポーツインナーパンツにはさまざまな種類がありますが、中でもサイズや通気性などの観点から選ぶのがおすすめです。

メンズスポーツインナーパンツの選び方①サイズ

メンズスポーツインナーパンツの中には、「加圧」「着圧」機能がそなわったものがあります。

ここでのポイントは、サイズです。

圧が強ければいい、というわけではないのです。

これは「整体パンツZERO」の骨盤サポートの観点でも同じです。

小さすぎると血液やリンパの流れがわるくなり、運動の妨げになってしまいます。

ですから、無理なく着用できるサイズを選びましょう。

メンズスポーツインナーパンツの選び方②通気性

運動すると汗をかくことは不可避です。

メンズスポーツインナーパンツを選ぶときは、通気性速乾性をチェックしましょう。

汗冷え防止・体温調整をすることで体力温存の効果も期待できます。

特に夏場は熱中症予防にもなりますから、素材なども気にかけて選びましょう。
例えば、綿は、汗を吸いやすいですがなかなか乾きにくい特徴があります。

運動中に綿素材のインナーを着用すると、身体が冷えやすくなったり、衣類が重くなって動きがわるくなったりすることが懸念されます。

でのすでスポーツインナーパンツは、メッシュポリエステルなどの素材でつくられたものがおすすめです。

 

まとめ

スポーツインナーウェアだけでなく、その下にスポーインナーパンツを着用するとより運動機能を向上でき、身体も保護でき一石二鳥です。

夏場は熱中症予防、冬場は冷え防止になりますから、シーズン問わず着用するのがおすすめです。

スポーツインナーパンツを活用しながら健康な身体づくりをしていきましょう。