スポーツインナー

スポーツインナーを夏用にして汗・臭い対策しながら冷感アップ!ポイントは素材選び

スポーツインナー夏用の効果

人気の機能性スポーツインナーですが、暑い夏場はどのようなものを選んでますか?

季節関係なく、1年中同じものを使っている、という方もいるでしょう。

しかし、スポーツインナーを夏用に替えるだけで、暑さ対策、臭いといったスポーツ時の悩み解決が期待できます。

スポーツインナーの夏用は、他の季節のものと、どこが違うのでしょうか。

そして、どのようなスポーツインナーが夏用としておすすめなのでしょうか。

そこで本記事では、

・スポーツインナーを夏用のものにするとどのような効果があるのか
・スポーツインナーの夏用で涼しく冷感性のあるものどのようなものか
・スポーツインナーで夏の気になる汗や臭い対策はできるのか
・スポーツインナーを夏用に選ぶときにおすすめの素材は何か

など、スポーツインナーを夏用のものにするときの、気になる悩み対策や選び方について徹底解説します!

 

スポーツインナーを夏用にして涼しさ・運動効率アップ

スポーツインナーを夏用にすると、期待できる効果は次のようなものがあります。

・気になる汗や臭い、紫外線からの身体を守る効果
・涼しさや運動効率をアップさせる効果
・運動後の疲労回復効果

これらの役立つ効果を、それぞれ詳しくご紹介します。

スポーインナーの夏場に役立つ効果①汗・臭い・紫外線など身体の保護

運動をしていると、どうしても汗をかいてしまいますよね。

べたつきや汗冷え、そして臭いなど、汗由来の悩みはたくさんあると思います。

スポーツインナーを夏用に替えることで、そういった汗や臭いの悩みが軽減され、運動に集中できます。

また、日焼けなどが気になる場合は、紫外線カット効果のあるものを選ぶと、日焼けによる肌や身体のダメージを抑えられます。

「日焼け予防」というと、日焼け止めクリームが真っ先に思いつく人も多いかもしれませんが、運動したときの汗で日焼け止めクリームは流れてしまい、効果が薄れてしまうことがほとんど。

一方でスポーツインナーでの紫外線カット効果は、汗によって効果が左右されるものではないので安心です。

スポーインナーの夏場に役立つ効果②運動中も涼しく身体の動作をサポート

せっかく運動をするなら、その効果を少しでも高めたいと考えている人がほとんどではないでしょうか。

スポーツインナーには、運動中の身体の動作をサポートしてくれる働きがあるものもあります。

非着用時に比べて、筋肉や関節の動きを滑らかにし、運動効率が高まるため取り入れておきたいですよね。

また、スポーツインナーにはピタッと体に密着するものも多く、暑苦しいというイメージを持つ方もいるかもしれませんが、夏用のものなら暑さ対策もばっちり。

冷感効果が高いものや、特に汗をかきやすい脇や背中部分がメッシュになっているものもありますよ。

スポーツインナーを着るだけでも、涼しいと感じられるものもあります。

運動中も涼しく快適性が向上すれば、運動時に余計なストレスがかからず、さらなる運動の効率化が期待できますよ。

スポーインナーの夏場に役立つ効果③運動後の疲労回復のサポート

スポーツインナーは運動中、余分な筋肉の動きを抑えてくれるので、ケガの予防になるほか、筋肉の疲労を少なくします。

筋肉の疲労が少なければ、運動後の疲れの回復もスムーズです。

スポーツインナーが疲労回復のサポートをしてくれるなんて、ただでさえ気温が高く疲れやすい夏には、嬉しい効果ですよね。

 

スポーツインナーは夏用なら冷感性のあるものがおすすめ!

スポーツインナーを夏用に選ぶなら、冷感作用のある、涼しいものをおすすめします。

「接触冷感」と呼ばれる冷感作用は、その名の通り触るとひんやりとする生地の効果のこと。

接触冷感作用のあるスポーツインナーを着用すると、非着用時に比べて体感温度の低下を感じることができますよ。

スポーツインナーの冷感作用で熱中症対策にも

夏の運動時、特に気を付けたいのが熱中症

近年の猛暑により、熱中症の報告は年々増えており、20代30代の若者でも熱中症で搬送される例は少なくありません。

熱中症は、高齢者がなるものというイメージが強いかもしれませんが、どれだけ若くて日頃から運動の習慣がある男性でも、熱中症になる可能性は大いにあります。

熱中症対策の基本はこまめな水分と塩分の補給ですが、体の表面の温度を低下させることも熱中症の予防には効果的です。

特に運動中は体温が上がりやすいので、スポーツインナーの冷感作用を活用して熱中症予防に努めたいですね。

スポーツインナーの速乾性・冷感作用で夏のランニングも快適に!

夏のうだるような暑さの中のランニングは、室内で行うスポーツの何倍もの暑さを感じるため、敬遠されがちです。

しかし、ランニングは有酸素運動としての効果が高く、運動効果以外にもリフレッシュやストレス解消効果もあるため、できれば季節関係なく行いたいですよね。

そこで、スポーツインナーを夏用に選ぶときは、冷感作用速乾性に着目してみましょう。

スポーツインナーの速乾性の高いものは、夏の屋外で大量に汗をかいてもすぐに乾きます。

そのため、スポーツインナーが汗でびしょ濡れになることがありません。

また、スポーツインナーに冷感作用が備わっていれば、涼しい感覚をキープできるのでおすすめです。

スポーツインナーの選び方次第で、夏場のランニングも快適に行えますよ。

スポーツインナーは夏のゴルフの暑さ対策にも

ランニングなどと異なり、一見激しい運動に見えないゴルフ時にも、スポーツインナーは活躍します。

日陰が少なく、日光をダイレクトに浴びるゴルフは、とにかく暑さとの戦いです。

冷感性のあるスポーツインナーを選ぶことで、ゴルフ中の暑さも軽減することができます。

また、長袖で首元まで生地がある紫外線カット効果の高いものを選べば、ゴルフ時の悩みである日焼けの防止にも役立ちます。

 

スポーツインナーで夏の汗・臭い対策をするなら速乾性に注目

夏にスポーツをしていて、気になる悩みのひとつに”汗”があると思います。

汗をかくと、自身が不快感を覚えるだけでなく、臭いなども気になりますよね。

スポーツインナーの選び方次第で、夏の汗や臭いの悩みも軽減させることができますよ。

スポーツインナーで夏の汗対策をするなら吸汗速乾性のあるものを

汗をかくと、下着が汗で濡れて肌に張り付いてしまい不快に感じた経験は、誰でも一度はあるのではないでしょうか。

また、汗で肌が濡れた状態のまま、冷房の効いた部屋などに入ると、風邪をひいてしまうこともあります。

これらを防ぐためにも、夏のスポーツインナーには吸汗速乾性に優れているものを選びましょう。

吸汗速乾性とは、汗で濡れた肌から汗を素早く吸い取り、さらに濡れた生地の水分を素早く蒸発させる機能のことです。

この機能により、汗による不快感だけでなく、汗がいつまでも乾かずに体が冷えて風邪の原因となる「汗冷え」を防ぐことができます。

スポーツインナーで夏の臭い対策をするなら抗菌・防臭機能のあるものを

汗をかいたときの嫌な臭いの原因は、汗そのものの臭いというよりも、汗をかいた後繁殖する菌によるものが大きいです。

そこで、スポーツインナーで夏の臭い対策をするなら、抗菌・防臭効果の高いものを選ぶようにしましょう。

抗菌効果の高いものを選べば、スポーツインナーを洗濯した際、生乾きの不快な臭いも防ぐことができます。

 

スポーツインナーで夏を快適にするなら素材がポイント!

スポーツインナーには、様々な素材が使われていますが、どのような素材のものを選べばよいのか分からない人も多いと思います。

しかし、スポーツインナーの素材選びは、夏の運動を快適に行うためにも、とても重要です。

スポーツインナーの素材選びのポイントをご紹介します。

スポーツインナーに多いポリエステルは細菌が残りやすい

スポーツインナーに多く使われるのが、つるつるとしたポリエステルの生地。

伸縮性があり、繰り返し洗濯をしても比較的傷みにくいことから人気の素材ですが、実はポリエステルは細菌が残りやすい素材でもあります。

細菌が残ると、気になるのが臭いです。

しっかりと洗濯をしても、スポーツインナーを始め、衣類の臭いがなかなか取れない経験がある人は多いと思いますが、それは細菌が残っているからなのです。

しかしながら、ポリエステルの素材には速乾性や冷感性、そしてシワになりにくいなど、メリットもたくさんあります。

そこで、ポリエステルの素材のスポーツインナーを夏用に選ぶ際は、洗濯洗剤に除菌効果のあるものを選ぶといいでしょう。

細菌が除去されて、気になる臭いに悩まされることも少なくなりますよ。

スポーツインナーに綿はおすすめしない

普段、肌着として人気の高い綿素材ですが、スポーツインナーとしては綿素材をおすすめしません。

綿素材は汗をかくとべたつきやすく、いつまでも不快感が残ることが多い素材です。

また、汗をかいた際に吸収はしてくれるものの、速乾性や冷感性が乏しいため涼しさを感じることは難しいでしょう。

ただし、肌がデリケートでポリエステル素材のインナーが合わない人は、天然素材である綿のインナーを選ぶようにしましょう。

 

さいごに

スポーツインナー次第で、夏の運動時ならではの汗や臭いの悩みを解決することができる上、運動効率を上げることができます。

スポーツインナーを選ぶ時には、速乾性や冷感作用、また素材にもこだわってみましょう。

自分の悩みや用途に合ったスポーツインナーを選べば、夏でも快適に運動が楽しめるはずですよ。